おすすめの資格は?

腎臓専門医だけで満足せずにもっともっと腎臓内科医としてキャリアアップしていきたいと思う人もいるでしょう。
そこで専門医以外で取得しておいたほうが良い資格をいくつか紹介しておきます。
総合内科専門医、透析専門医、検診マンモグラフィ読影医師等の資格を取得しておくと腎臓内科医としての勤務に非常に有利に働いてくれるはずです。
それぞれ必要になってくる経歴や受験資格が異なるため、よく考えた上で選択する事をおすすめします。

医師専門転職サイトのコンサルタントに相談してみよう

透析患者は年々増加しているため、これから先腎臓内科医の需要は減る事はないでしょう。
求人倍率も高いため、転職しやすい科だと思われます。
とはいえ、腎臓科医以外から腎臓科医に転科したい場合は少し注意が必要になってきます。
他科目からいきなり経験のない科への転職は個人だと非常にリスクが高いです。
もし総合内科等から腎臓内科への転科を希望する場合は、医師専門の転職サイトのコンサルタントに相談してみる事をおすすめします。
優秀なコンサルタントは、一からの転科でも経験を積むことのできる病院のツテをもっています。
一人で悩まずに気軽にコンサルタントに相談して、多くの医師を転職・転科させてきたノウハウを有効利用していきましょう。